« (19.10.15)弱剪定の季節がやってきた | トップページ | (19.10.17)朗読会の再開 »

(19.10.16)写真の編集作業

 久しぶりに娘から写真の編集作業を頼まれた。娘は先日、約1週間の予定で、アフリカ旅行をして帰ってきたばかりである。観光場所はビクトリアの滝チョベ国立公園ケープタウンだそうだ。
たっぷり写真を撮ってきたので、編集してもらいたいと依頼された。

 ケープタウンがどこにあるかは知っていたが、ビクトリアの滝チョベ国立公園がどこにあるか知らなかった。地図で調べてみると南アフリカ共和国と北側で接してジンバブエ共和国があり、さらにジンバブエ共和国と北側で接してザンビア共和国がある。

 このザンビア共和国とジンバブエ共和国の間にザンベジ川が流れており、そこにビクトリアの滝があることをはじめて知った。
カナダとアメリカの国境にナイアガラの滝があるが、それとイメージが良く似ている。

 娘は写真が趣味で、今回もデジタル写真機で700枚もの写真を撮ってきた。
おとうさんは、編集のプロだから安心して任せられるわ」娘におだてられて嬉嬉として編集作業をしてしまった。
編集のプロ」は言いすぎだが、確かに「写真の編集」は私の趣味である。Googleが提供している無料ソフトPicasaで、編集作業を始めた。

 編集のポイントは実に簡単で、以下の手順で行えば誰にでもできる。

① 画面が斜めになっている場合は水平に修正する。
② 画面が暗い場合が多いので明度をあげて明るくする。特に人物が写っている写真でバックに露出があっている場合は、人物に露出があうまで明るくする。
③ 風景写真は必ずシャープネスを入れて画面を鮮明にする。
④ 風景写真は彩度をあげて、発色を鮮やかにする。
⑤ 不必要な映像をトリミングで除いてすっきりした写真にする

 実際やってみるとわかるが、一番難しいのは最後のトリミングで、これは経験と映像のセンスが必要な作業だ。それ以外はほとんど流れ作業の感覚でできる。

 娘が私の作業を後ろで見ていて「おとうさんの手際のよさは、みてて楽しくなっちゃう」とさらにおだてた。
おかげで「ブタもおだてりゃ、木に登る」のたとえどおり、700枚の写真の編集を1日でやってしまった。

 今日は私が編集作業を行った写真と、編集前の写真を掲載する。これを見ると編集作業がどのようなものか理解していただけると思う。
きっと「写真は必ず編集した方がいいのだな」と納得していただけるのではないだろうか。

 なお、Picasaによる編集作業は大変面白いので、興味をもたれる方はおられのではなかろうか。メールでその旨言ってくだされば趣味を同じくする者のよしみで、自転車でいける範囲であれば喜んで教えに行きたいと思っている。
私の場合は何でもボランティアで行いますが、娘と同じように若干のお世辞を言っていただけると、きっと舞い上がるとおもいます。


今回の修正写真の一部を例示として修正前と修正後を対比して表示します。修正作業を確認してください。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/11910


なお、修正写真を見られた方は、以下のアンケートに答えていただけると幸いです。

|

« (19.10.15)弱剪定の季節がやってきた | トップページ | (19.10.17)朗読会の再開 »

個人生活 写真の編集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.10.15)弱剪定の季節がやってきた | トップページ | (19.10.17)朗読会の再開 »