« (19.10.30)守屋前防衛事務次官のゴルフ | トップページ | (19.11.1)dellの電話対応 »

(19.10.31)ムクドリの研究

 ひと頃鎌取駅前の駐輪場(ジャスコ側)で、ムクドリの集団ケヤキの木に集まり夜のねぐらとしていたが、今はまったくいなくなってしまった。

 ムクドリの集団が集まっていた頃はフン公害がかまびすしく、特に商店が近くにあるケヤキの木の枝を切って、ねぐらをなくす措置をとっていたが、あの騒動はなんだったかと言うくらい静かになっている。

 駐輪場の自転車の上にも白いフンが大量に落ちていたので、それを自転車の持ち主がティッシュで拭いて捨ててあったが、あれほど大量に捨ててあったティッシュもなくなった。

 実はムクドリが集団で駐輪場近辺のケヤキの木に集まるのは季節性があり、夏場と決まっている
正確ではないが7月頃から集まり始め、9月末を過ぎるとどこかに消えてしまう。
したがって今まではしばらく我慢していればフン公害が収まるので、あえてねぐらのケヤキを切るようなことはしていなかったが、今年は店が増えたり駐輪場を設置したりしたため、フン公害が騒がしくなった。

 ムクドリケヤキのような高く枝が密集している木に集まって寝るのは、カラスのような天敵から集団で身を守る習性から来るようで、また夏場を過ぎるとどこかに移動するのも習性である。

 それにしてもどうも人間は我慢強さがなくなってきたらしい。少し待てばどこかに消えていくのに、市に「ムクドリのフン公害をなんとかせい」とねじ込むらしい。
緑土木事務所は已む無く、ねじ込まれたあたりのケヤキの木の枝を伐採するが、ムクドリは残っているケヤキの木に移るだけで、フン公害が移動するだけだ

 私も過去何回かフンを頭や肩に落とされた経験があり、なんともなまあたたかなグニュとした感じでその時は驚いたが、所詮その程度のことであり我慢の範囲内だ。

 自然との共生と割り切ってケヤキの木などは切らない方が賢明と思うがどうだろうか。


ムクドリがねぐらとしていたケヤキの木の写真です。http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/191030


ムクドリについてはWikipediaの以下の記載が参考になります
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%AA

ムクドリ対策として一部のケヤキの枝を切りましたが、この是非についてご意見をお聞かせください。 

|

« (19.10.30)守屋前防衛事務次官のゴルフ | トップページ | (19.11.1)dellの電話対応 »

ボランティア ムクドリの研究」カテゴリの記事

コメント

山崎さま
 今は、貴方と同じ立場です。
雀、百まで踊り忘れずですか。

投稿: 斎藤 晃     | 2007年11月 1日 (木) 08時36分

 うれしいですね。伐採におよばない、とする人々が多数とは。
管理する立場に居ると、苦情しか耳に入ってこないんですよ。
それに対して、その状態を受忍している人々は、仮に地域住民の大多数であろうとも、声を発しないので、客観的な賛否の比較検討の場が形成されないまま、クレーマーの存在だけが際立ってゆく。公共の奉仕者でなければならないのですが、その状況では、公共という実体は、自身の頭の中の理念でしかありません。
 余談ですが、文化を感じる街には、時間を経た蓄積があります。そこに生まれる価値観を共有できれば、千葉もいい街になる。そう考えて仕事をしてきましたが、後ろを見たら誰もいなかった。

(山崎)コメントありがとうございます。斎藤さんが見ていただいているのは知りませんでした。このアンケートが斎藤さんの仕事の判断に少しでも役立てれば幸いです。


投稿: 斎藤 晃 | 2007年10月31日 (水) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.10.30)守屋前防衛事務次官のゴルフ | トップページ | (19.11.1)dellの電話対応 »