« (19.10.23)日本山岳耐久レースの事故 | トップページ | (19.10.25)バンパイアが暴れている »

(19.10.24)おみ野の森に人が来はじめた

 先日(19日)、久しぶりにおゆみ野の街山「おゆみ野の森」に行ってみた。8月末に笹の草刈りをして以来である。
平日だったが、年配のご夫婦やご婦人方の集団が散策していて、この森に人が来はじめていることを知った。
以前はほとんど人影を見なかったのだから、喜ばしいことだ。

 笹が生い茂っていた広場も、笹刈りをした結果入れるようになり、道を覆っていた雑草も刈り取られていたので、とても明るい森になった。明るい森になると人が集まって来るみたいだ。
一方、この森の入口付近や、ベンチの周りにはペットボトルや弁当の容器が散乱しており、人が来たら来たで、この森の管理の難しさを痛感させられた。

 昨日(22日)、この森の清掃に出かけたが、意外なことにゴミはきれいに片付けられており清掃の必要がないのにはびっくりした。
ああ、そうか。21日はこの森の定例の活動日だった

 「おゆみ野の森」は毎月第3日曜日をイベントの日としており、おゆみ野周辺の子供達や主婦が参加して、森の観察や「平茸」つくりを実施している。その時同時に清掃もしているらしい。
どうやら今日は清掃の必要はないみたいだ」空振りに終わってしまった。
次回からは、活動日の中間の日ぐらいに清掃に来ればよさそうだ。

 この「おゆみ野の森」は里山林だが、旧公団が購入する以前、定期的に下草狩りが行われ薪等で利用されていた場所と、手がまったく入っていない場所に分かれていたようだ。
そのためか後者ツルやツタで覆われて、50年程度の大木がが絞め殺しの状態になっていた。

 このままではそおした木が全滅しそうだったので、8月の笹刈りのときに、ツルやツタを切断しておいた。今回再確認したが、これでどうやら樹木も生きながらえそうだ。
しかし一方で、すでに手遅れの樹木もかなり存在し、人の手が加えられない里山がいかに荒廃するかの事例のようなところもある。

 今回ツルがいかに樹木に取り付いて絞め殺していくかの写真を掲載したので確認してほしい。

 何はともあれ里山は何度も訪れ、四季の動きを知ることによって初めて里山のよさが分かるようなところがある。
たまたま私は「おゆみ野の森を育てる会」のメンバーなのだから、定期的に清掃をしたり、下草狩りをしてこの森を見守っていくことにしよう。

街山の最新の写真と、ツルが木を絞め殺していく映像を添付します。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/19102

おゆみ野近在にお住まいの方で、この「おゆみ野の森」についてどの程度ご存知か教えてください。

|

« (19.10.23)日本山岳耐久レースの事故 | トップページ | (19.10.25)バンパイアが暴れている »

地域活動 おゆみ野の森」カテゴリの記事

コメント

山崎様
 おゆみの森づくりワークショップを心に留めていただき、ありがとうございます。 今夏、植生調査の折、お目にかかりました。実は、現役時代、市の公園緑地管理の責任者を努めており、緑区が最後の任地でした。それ故、山崎様のご奉仕を知るに至った現在、少なくとも現役時代に出会えなかったことを残念に思います。機会があれば、色々お話を交わしたいとは願っておりますが。
 さて、先日の定例会では、ドングリを集めて植え込みました。発芽率は数百分の一ぐらいでしょうか。それでも、これまで何年も落ち続けて、しかし芽生えが発見できない状態から、人手を加えて数本でも将来の芽が育てば、汗を流す甲斐もあります。ご指摘の、幹に巻き付いたフジ蔓ですが、12月の定例会にでも、引き剥がして、大ぶりなクリスマスリースをつくり、適当な場所に掲げてみようかと考えています。その折は、ぜひご助力ください。
 11月14日(水)13時から16時。中央区青葉の森公園にある中央博物館で、宮脇 昭 国際生態学センター長を招いたシンポジューム 「いのちの森 づくり。。。千葉から世界へ」が開かれます。
 宮脇氏は、ドングリからの森づくりキャンペーンの伝道師。。。私はそう読んでおりますが。
 独り孤軍奮闘で、千葉の森の再生を訴えている女性が、独力で開催にこぎ着けました。ご興味がおありでしたら、お越しください。.
 また、11月3日(土)9時30分から正午まで、大百池公園周辺で、自然観察会が開催されます。
市の主催ですが、当日現地参加が可能です。
学園駅前集合となっておりますが、御参考までに。

(山崎)コメントありがとうございます。「命の森作り」のシンポジウムには出席したいと思います。孤軍奮闘して千葉の森の再生を図ろうとしている方にもお会いしたいものです。

投稿: 齋藤 晃 | 2007年10月24日 (水) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.10.23)日本山岳耐久レースの事故 | トップページ | (19.10.25)バンパイアが暴れている »