« (19.9.5)Fおばさん がんばる | トップページ | (19.9.7)標準語を話せますか »

(19.9.6)里山整備第10回合同作業報告

 里山開発の合同作業日も今日(9月5日)で、10回目を数えた。記念すべき日だ。参加者は6名である。
最も会長の I さんや里山の近くに住んでいるAさん、力持ちのBさんたちは3日に空けずにこの里山に通っているから、自分の庭のようなものだ。

 遊歩道も整備され、間伐の伐採も進み、下草はほぼ除去された。不法投棄されたゴミもほとんど片付いている。

 今日は台風が接近していたため天候が不順で、晴れているかと思うと急ににわか雨が降るという状況だった。
会長の I さんの提案で、今回は水質調査池の周りの柵の強化をおこなうことになった。
柵の強化は、先日広島県呉市の農業用溜池に子供たちが入り込み、内2名が死亡、それを助けようとした老人も死亡した事故が発生したからである。
安全対策として柵を池の周りに設置しましょう

 この里山の池の深さについては実は知らない。農業用溜池のように深くはなさそうだが、昔ここで遊んだ経験があると言うCさんの話だと、子供たちが水泳をしていたそうだ。
一度池の深さについて計ってみたいと思っているが、ゴムボート等の手配がいるだろう。

 この里山については、学校で入ってはいけない場所として教えられており、また入口は木製の柵がしてあって「注意書」もある。しかしそれでも入ってくることが想定されるので、池の周りに柵をめぐらしておいた。

今は我々しか入っていないけれど、今後この里山をどのように開放していくか検討しなければなりませんね
池があるから、その安全対策は必要だなあ

ある特定の日に開放日を設けて、そのときにフケイ同伴で入山してもらうような形で、徐々に開放していくのがいいかもしれませんね
有用植物の保存や、里山の自然についてボランティアで教育の場を設けることなんかも考える必要がありそうですね

 そのうち、回り近所や小学校からこの場所を見学したいと言う要望も出てくるだろう。そのときに備えて今は準備期間として里山の整備をしている。


(恒例の都川源流の水質調査結果)

・pH(ペーハー)は7であり、中性といえる。
・雨水の流入があったため、汚染度合いが緩和されている。
・水の透明度は低くなっている。

調査地点      調節池への流入口        調節池からの流出口
調査日        08/01 08/19 09/05       08/01 08/19 09/05

調査開始時刻   10:30  11:50  12:30        10:55   12:20   13:05
天気         高曇り  晴れ  曇り・雨        高曇り  晴れ   曇り・雨
気温(℃)      34   31    29.5           25    29     28.5
水温(℃)      24   27    28            26    29     27.5
透視度(cm     30超* 30超   16           28    20     11
pH          7.0   7.0   7.0             7.0    7.5    7.0
NO3(硝酸)     5    5     1             2     2      2
NO2(亜硝酸)   0.2   0.2    0.02          0.1    0.05    0.05
NH4(アンモニア)  0.2  0.5     0.2           0.5    0.5     0.2
COD         10   13    20            10    13      10
水の濁り       なし  なし  有り            なし   若干    有り
水の臭気       なし   なし  なし            なし   なし     なし

今回の作業の写真を掲載します
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/199

|

« (19.9.5)Fおばさん がんばる | トップページ | (19.9.7)標準語を話せますか »

ボランティア 里山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.9.5)Fおばさん がんばる | トップページ | (19.9.7)標準語を話せますか »