« (19.9.27)おゆみ野自転車共生会議 Nさん奮闘記 その2 | トップページ | (19.9.29)携帯電話 »

(19.9.28)朗読会 終わる

 朗読会がやっと終わった。例の乙川優三郎磯笛の朗読会である。
聴衆は15人前後のこじんまりとした朗読会であるが、トレーナーのYさんから「決して手抜きをするな」と厳しく言われていたため、相当緊張してしまった。

 しかし朗読会の結果は意外と好評だった。アンケートはどちらかと言うと好意的に書いてくれるものだが、それにしてもよい評価に安堵した。

情景が鮮明に浮かび、しかもとっても聞きやすかった
主人公の語り、特に方言については良く研究してあった
語り手が熱心に読んでくれているのが分かった」等等

 自分としては途中で読み間違ったり、最後は主人公に同情して泣き声になったりして、とちったかなという気持ちがあったのだが、聞き手は心のやさしい人が多く、そおした小さなミスは見逃してくれたらしい。

 確かに2ヶ月間にわたってYさんから鬼のようなトレーニングを受けたのだから、そこそこの結果がでなければYさんも立つ瀬がないだろう。
鬼軍曹のしごきで一人前になった新兵のようなものだ。
軍曹殿、訓練、ありがとうございます

 この朗読会の参加者はほとんどが年配者なのだが、若く妙齢な女性が二人いたのにはびっくりした。良く見たら私のブログの読者で、ありがたいことにブログをみて参加してくれたらしい。
とてもよかったわよ」とやさしく言ってくれた。

 これで朗読も終わった。確かにYさんの言うとおり、「得るところの多かった」2ヶ月だったと言える。
この間、話し方と言うものを初めて真剣に勉強してしまった。
もっと早くからトレーニングしていたらNHKのアナウンサーになれたかもしれないと思うと残念でならない。

 しかし調子に乗るのはよそう。調子に乗りすぎると、またYさんから白羽の矢を射られてしまいそうだ。

朗読会に関係する記事は、このブログの「朗読」に時系列で入っております。

朗読会の写真を掲載します。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/19927

|

« (19.9.27)おゆみ野自転車共生会議 Nさん奮闘記 その2 | トップページ | (19.9.29)携帯電話 »

個人生活 朗読」カテゴリの記事

コメント

先日、おゆみ野walkersで朗読会の依頼をしましたが、ご多忙な山崎さんに誠に勝手ではありますが、11月か12月の火曜日10時~12時の企画でよろしいでしょうか?

(山崎) 11月に設定してください。きっとトレーナーのYさんも喜んでくれるでしょう。

投稿: ソフィー | 2007年10月 9日 (火) 21時13分

いや、朗読会があるなんて知りませんでした。お疲れさまでした。先日友人に「なんか楽しいことやろうよ」とけしかけました。実際、おゆみ野には興味をそそられる勉強会のようなものが少ないですよね。朗読会も読書会も秋の夜長にいいかもしれないなと思いました。ただ、講師になってくださる方がとても大事ですね。

投稿: めいちゃん | 2007年10月 1日 (月) 09時25分

朗読、おつかれさまでした~(^o^)/
ホッとされたことでしょう。
2ケ月間、へこたれずに誠実に励まれた結果、好評を得られたようで、よかったっすね。

さー、これで集中して甲州ウルトラですね。
気温も下がるようです、思いっきり楽しんできてくださいね~(^o^)/~~

投稿: ちはら | 2007年9月29日 (土) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.9.27)おゆみ野自転車共生会議 Nさん奮闘記 その2 | トップページ | (19.9.29)携帯電話 »