« (19.8.15)おゆみ野の森の植生調査 | トップページ | (19.8.17)磯笛の街 外川(とかわ) »

(19.8.16)春の道公園のゴミ処理

 四季の道を取り巻く公園の中で、有吉小学校の隣の「春の道公園」ほどひどい汚れが目立つ公園はない。

 ここにはかなり広い運動場が併設してあり、年配者がゲートボールなどして昼間は楽しんでいるのだが、夜間はひどい宴会場になってしまう。運動場に沿って休憩所があるが、ここがいわゆる溜まり場となって、週に数回、酒宴が催される。

 私はいつもこの場所に近づくのがいやなのだが、それは酒瓶やビールの空き缶、おつまみやタバコの吸殻が所狭しと捨てられていて、私の持っている45Lのゴミ袋がたちまちのうちにいっぱいになってしまうからだ。
 場合によっては1回では入りきらず2回に分けなければならない場合もある。

 私はサツマイモのような犬のウンチで相当切れそうになっているものだから、この宴会場の後片付けはとてもする気が起こらない。しかし遠くからでもそれと分かる汚れ方を見ると、気がそぞろになってしまう。
ゲートボール場がごみためではかわいそうだ。仕方ない、掃除するか

 目いっぱいのゴミを回収することになるが、夏場は辛い。身体中から汗が吹き出てしまう。
清掃活動しながら、「あいさつ運動」もしているのだが、重さで顔がゆがんでしまいそうだ。
やはりこれは対応策が必要だ。ここにも例の注意文書を張ることにしよう。
年寄りがゴミ掃除をしてきましたが、足腰が弱りこれ以上できません。ゴミは年寄りにではなく、自分たちで回収してください(写真添付)」

亀ゴン、夏休みの間は、犬のウンチや、宴会の後片付けや、花火の後始末で大忙しだよ。しかも猛暑ときているので身体がフラフラだ
先生や、おゆみ野クリーンクラブの人たちの懸命な努力で、四季の道周辺の環境は保たれていますが、一方ゴミを捨てる人は後をたちませんからね

亀ゴン、見てくれ。道路や公園はゴミ箱代わりになってしまっているよ。特に春の道公園は夜中は酒宴会場だ
公共の場所からゴミ箱が消えて久しいですが、一方ゴミを持ち帰る人は少ないので、結局ボランティアの人がゴミ拾いをすることになるのです。客観的に見れば、公共の場の清掃作業をボランティアの善意に頼るという危うい構造といえましょう

解決策はあるのだろうか
今のところ、先生とおゆみ野クリーンクラブのメンバーの体力が解決策です

春の道公園の宴会場等の写真を掲載します
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/ARpoAK

本件と関連のあるブログは以下のとおりです
犬のウンチに切れそうだ

|

« (19.8.15)おゆみ野の森の植生調査 | トップページ | (19.8.17)磯笛の街 外川(とかわ) »

ボランティア クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

お盆の間もお疲れ様です。
公園の宴会場は、夏の道公園やどうのうしろ公園、秋の道公園など他にもあって本当に不快指数が倍増します。
ここのところ、未成年の場合も多くあったのでお酒を売っているところも問題ですね。地域で問題のあるところを把握するためにもこうして流していただくと動くところもあるんじゃないかと思います。(関係者の耳に届くことや目に留めるなど)

(山崎)一つ書き漏らしていたことがあります。春の道公園以外では清掃をおこなう人がいて、定期的に清掃をしていることです。一方春の道公園ではそうした人がほとんどいません。これは地域の問題としてかなり深刻です。

投稿: F姉さん | 2007年8月16日 (木) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.8.15)おゆみ野の森の植生調査 | トップページ | (19.8.17)磯笛の街 外川(とかわ) »